ナワラトゥナ(ナヴァラトナ)とヨガのチャクラ

 |  | 

Nityaニーチャスタッフのchieです。

 

最近は温かい日があり春の気配を感じるようになりましたね。

先日お客様から「ナワラトゥナ(ナヴァラトナ)とヨガはどのような関係があるのですか?」というご質問をいただきました。

激しい運動ではないけれど、やってみると運動になり心も整うことで人気のヨガ。

最近は素敵なウェアもたくさんあって、多くの人が取り組んでいらっしゃいますよね。私もヨガが大好きです。

 

 

 

 

実はヨガとナワラトゥナ(ナヴァラトナ)に関係があることはご存知ですか?

 

 

え?ヨガはよく知っているけれど... ナワラトゥナ(ナヴァラトナ)と関係があるの??

このように思われる方はかなり多くいらっしゃるのかもしれませんよね。

 

実はヨガもナワラトゥナ(ナヴァラトナ)も同じヴェーダ思想の流れにあるものなので、とても共通項が多いのです。

その共通項の中でも、ナインストーンである9つの宝石が身体のチャクラに作用するという点があるので、今回はヨガのチャクラとナワラトゥナ(ナヴァラトナ)の関係についてご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

ヨガをすると心地よくなり、心も身体もすっきりとします。
それはヨガが身体のチャクラに作用するためとされています。

 

チャクラとは南アジア一帯、特にインド地方に伝わるヴェーダ思想による身体論の言葉で、身体の中にいくつかある生命エネルギーのポイント。
チャクラは精神と肉体の活動を支え、一般的には胴体底辺から頭の天辺のあたりまで脊髄に沿うよう一直線に7つのチャクラがあるとされています。

7つあるチャクラは下から地・水・火・風・空の5大元素に例えられ1番〜5番目までは身体の要素と関連しています。
そして6番目にあるチャクラはちょうど眉間の少し上に位置して「心」に例えられ、頭頂にある7番目のチャクラは「この世の広い世界」である宇宙精神だといわれています。

 

 

ヨガと同じようにナワラトゥナ(ナヴァラトナ)も身につけるとチャクラに作用し、チャクラから心と身体を活性化し続けることで日々の生活から成る人生まで活性化させ、元々持っているけれど発揮されていない潜在能力までも引き出されるのだそうです。

そしてそれはチャクラから発せられているとされる、その人固有のオーラが輝いてくるからなのだといわれています。

宝石や石にはその色や成分によってそれぞれ固有の振動(波動)があり、そういった宝石の振動がヨガのように人の身体のチャクラに作用するのだとか。

 

 

 

宝石や石に振動があるの??

信じられない... 全然振動しているようには見えない.... 

 

 

このようにも思うかもしれませんが、宝石や石に振動があるのは見えなくともクォーツ時計はご存知でしょうか。

クリスタル(水晶)という石は別名クォーツという鉱物ですが、正確な振動を持つためにクォーツ時計という形で時を正確に刻むことに利用されています。宝石や石は目には見えなくとも本当に振動を持っているのです。

 

 

チャクラにはそれぞれ共鳴する振動が決まっていて、どんな宝石や石でも良いというわけではありません。

 

 

Nityaニーチャのナワラトゥナ(ナヴァラトナ)は

 

ブルーサファイア

イエローサファイア

ダイヤモンド

エメラルド

オレンジサファイア(ピンクサファイア)

ムーンストーン

ルビー

 

上記の9つの宝石で出来ています。

 

ブルーサファイアとイエローサフィアは一番近くにある身体と心のオーラにチャクラを通して作用し、ダイヤモンドとエメラルド、オレンジサファイア(ピンクサファイア)はエーテルテンプレートと呼ばれる思考や知性的なエネルギーが含まれる見えない身体の一部のオーラの層にまでに作用するといわれています。

また、ルビーとムーンストーンはパーソナリティの構成要素を支えているとされるオーラ、ケセリック体にまで作用するのだそう。

 

 

こういったオーラの考え方はヴェーダ思想が盛んな南アジア以外でも共通の認識で発展をしています。

どこからオーラという目には見えないものの考えがきたのでしょう。

とっても不思議ですよね。

 

でも「何かの気配を感じた」ような時は、自分の見えている体以上に見えない自分の触手のようなものがあるのかもしれない、と思うことがあります。

それがオーラなのでしょうか...

 

 

知れば知るほど奥が深いナワラトゥナ(ナヴァラトナ)ジュエリー。

 

宝石が振動を持つことを科学が発達するずっと以前より知っていたことにも驚かされます。

ヴェーダ思想が5000年もの歴史を持つので、ヨガもナワラトゥナ(ナヴァラトナ)も今のスタイルに至った経緯がとてもたくさんあるのですね。

 

 

Chie