ナワラトゥナ(ナヴァラトナ)ブレスレットの丁度良いサイズ

 |  | 

Nityaニーチャスタッフのchieです。

 

前回のブログに引き続きまして、今回はナワラトゥナ(ナヴァラトナ)ジュエリー Flower Collection ブレスレットの丁度良い長さについてご紹介させていただきます。

 

ブレスレットを選ぶ際に、その長さが書かれていても、それが自分に合っているのかどうかは不安があるものです。

ブレスレットはネックレスよりも自分に合うサイズを選ぶことが難しいかもしれませんね。

 

 

Nityaのブレスレットに限らず、様々なブレスレットを購入する際に役立つと思いますので、丁度良い長さについてご紹介させていただきます。

 

日本女性の平均的な手首周りの長さは

 

20代   :14〜15.5cm

30代〜40代:14.5〜16cm

50代〜60代:15〜16.5cm

 

(経済産業省調べ)

なのだそう。

 

前回のナワラトゥナ(ナヴァラトナ)ネックレスの丁度良い長さをご紹介した際にも、年齢とともに女性の首が少し太くなることをお伝えしましたが、同じように手首周りも年齢とともにほんの少しづつは太くなるようです。

 

また、「すごく手首が細い」と思う人でも20代女性なら13cm程度なのだそうです。

女性の平均的な手首周りサイズの15cmの人と、とっても細いと思う13cmの人のサイズの差はわずか2cm。

 

 

 

↓ ↓ ↓ 2cmのサイズ差の見た目 のちがい↓ ↓ ↓

 

 

手はまったく同じ大きさで並べてみました。

 

 

「私はすごく手首が細いからちょっと心配...」と思う方でも標準的な手首周りの方と2cm程度の差の範囲なのかもしれません。

 

 

ちなみに日本男性の平均的な手首周りの長さは

 

20代   :15.5〜17.5cm

30代〜40代:16〜18cm

50代〜60代:17〜18.5cm

 

なのだとか。

 

 

 

ブレスレットは、あまりジャストサイズ過ぎてしまうと手首を動かす際に負担となり、手首も動かしにくいですし、ブレスレット自体にも負担がかかり壊れやすくなってしまうこともあります。

 

そこで、ブレスレットのサイズを選ぶ際には、ジャストサイズから1.5cm程度プラスしたサイズがちょうど良いとされています。

 

13cmの手首がとっても細い方は、14.5cm程度が丁度良いサイズ

15cmの標準的な手首周りに方は、16.5cm程度が丁度良いサイズ

 

 

Nityaのナワラトゥナ(ナヴァラトナ)ブレスレットは全長が約20cm。

14〜20cmの間はアジャスターチェーンになっていますので調整が可能です。

 

↓ ↓ ↓ こちらがアジャスターになります ↓ ↓ ↓

 

 

通常のチェーンの何倍も大きいアジャスターチェーン。
楽に届く場所で留めることができます。

 

※アジャスターとは、ブレスレットの長さを調節するための通常のチェーンよりも大きい輪で出来たチェーンのことで、ナワラトゥナ(ナヴァラトナ)ブレスレットはチェーンの最終部分にアジャスターが付いています。

 

ナワラトゥナ(ナヴァラトナ)ブレスレットは全長が20cmありますので、手首周りが13〜17cmくらいまでの標準的な日本女性にほとんど合う長さになっていると思います。

ブレスレットの留め具をアジャスターに付ける際に、急いでいる時でも着けやすいように1cm以上ゆとりの長さを考えています。

 

 

またチェーンはお好みで延長することができます。
アジャスターチェーンが5cm追加されることになり、通常6cmだったアジャスターチェーンが2倍以上の11cmの中で長さを調節することができます。

 

長さを延長することで、ナワラトゥナ(ナヴァラトナ)ブレスレットは、なんとブレスレットだけでなくアンクレットとして足首にも使用ができるようになりますよ。

 

>>ナワラトゥナ(ナヴァラトナ)ブレスレットのアジャスターチェーンの延長はこちら

※アジャスターチェーンの延長は、ブレスレットのご購入後に同じNityaページ内のHomeを押していただくと「【オプション】アジャスターチェーンの追加」という商品がございますので、追加注文することで延長することができます。1つのご注文につき5cm延長することができます。

 

 

これからの暖かいシーズン、Nityaのナワラトゥナ(ナヴァラトナ)ブレスレットを手首に着けて、お好みでアンクレットとして足首に着けて、ぜひご活用くださいね。

 

 

 

Chie