冬至になりました

 |  | 

こんにちはNitya(ニーチャ)スタッフのchieです。

 

 

今日は今年の一番昼の時間が短い日、冬至ですね。

 

冬至の朝、日が昇るまえの6:35 a.m.

 

 

 

これから毎日、少しづつではありますが、太陽の出ている時間が長くなっていきます...

 

年末になり、これからが寒さの本番!というのはあるのですが、春の準備がもう始まっているのだなぁと思いました。

 

 

 

ナワラトゥナ(ナヴァラトナ)のアーユルヴェーダでは、月の光が増す新月から満月までの期間をサンスクリット語で「シュクラパクシャ」といい、とても良い期間と考えられています。

 

Nityaのオーダーホロスコープでもアパラムッダのお守りリングを処方された方は、この期間から身につけるようアドバイスされた方も多いですよね。

 

 

太陽の光が増していく、この冬至から夏至までの期間はどうなのだろう。

 

ふと、まだまだナワラトゥナを辿る旅の途中にあることを思い出しました。

 

 

 

今年は多くの方にナワラトゥナ(ナヴァラトナ)の事を知っていただき、また嬉しい出来事があったとお知らせもたくさん頂いて、私にとってその事自体がとても嬉しい出来事でした。

 

 

もっと多くの方に知っていただけるように、また春に向けてナワラトゥナ(ナヴァラトナ)を辿ってみようと思っています。

 

 

ナワラトゥナ(ナヴァラトナ)はまだまだ未知なところの多い、古からのお守りジュエリー。

ナワラトゥナ(ナヴァラトナ)の深いところや新たな発見に出会えるかわかりませんが、ナワラトゥナ(ナヴァラトナ)を辿る旅をここでまたお話ししたいと思っています。

 

 

 

 

Chie