ナワラトゥナ(ナヴァラトナ)へのご感想やご質問③

 |  | 

こんにちは、Nitya(ニーチャ)スタッフのchieです。

 

 

今回もナワラトゥナ(ナヴァラトナ)や星のお守りジュエリーについて、お客様よりいただいていたご質問などをご紹介させていただこうと思います。

 

 

 

 

 

 

まずは、ナワラトゥナ(ナヴァラトナ)ジュエリーについて

 

Q. ナワラトゥナ(ナヴァラトナ)ジュエリーを身につけると何か良いことが起こったりしますか?

 

 

ナワラトゥナ(ナヴァラトナ)ジュエリーは、生まれた瞬間の星の視座によってこの宇宙に生まれ持った宿命を輝かせるといわれる伝統的な星のお守りのジュエリーです。
 
 
何か良いことが起こる、というよりは、本来持っているはずの素晴らしい個性をあなたらしく輝くお手伝いをしてくれる、と考えていただければ良いと思います。
 
 
何かのために準備をした時、それでも不安があるようでしたらナワラトゥナ(ナヴァラトナ)が味方となってくれるでしょう。
古代の王族達は、最後の仕上げにとっておきのナワラトゥナ(ナヴァラトナ)を身につけたと言われています。
 
 
自分の力を信じて。
 
 
ナワラトゥナ(ナヴァラトナ)ジュエリーは、本来持っていないものを運ぶものではなく、本来持っている個性と言う名の力を十分に発揮できるようにするお守りジュエリーなのです。
 
 
 
また、生まれた瞬間の星の視座には日々さまざまな星の影響が少しづつ舞い込んで巡っていきます。
 
それはとてもポジティブな影響を与える時もありますし、ネガティブな影響を与える時もあります。
 
その宇宙の星が巡っていく中で、どのような星の配置になる時でもバランスを整え対応してくれるのがナワラトゥナ(ナヴァラトナ)ジュエリーです。
 
 
 
ナワラトゥナ(ナヴァラトナ)ジュエリーの宝石の配置は、宇宙の写し絵であり青写真だと言われています。
 
この宝石の配置があって、9つの宝石の光を体内へと同時に得られる時、ナワラトゥナ(ナヴァラトナ)はその効果を発揮します。
 
ナワラトゥナ(ナヴァラトナ)は身につけてこそお守りとなるジュエリーですので、ぜひ身につけてご愛用してくださいね。
 
 

 

 

 

 

続いて、惑星数智学について

 

 

Q. 惑星数智学の宿命数が35歳から影響が出てくるのはなぜでしょう?
 
  35という数字にはどのような意味があるのでしょうか。
 
 
 
 
 
惑星数値学の宿命数は35歳から影響が出てくる、と言われていますが、残念ながら35という数に何か意味があるわけではないようです。
 
 
 
宿命数の星の影響は本質数の星の副守護星のような働きをして、主に人生の後半に影響を与えるとされていますので、人生の後半を35歳からと考えて設定されたのではないでしょうか。
 
しかし最近の現代では人生100年時代と言われていますので、現在60代くらいの方から寿命は100歳になることが多いそうです。
 
人生の後半と言われる年齢も40歳や50歳〜など、今後は35歳よりももっと遅くてもよいのかもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
 
いかがだったでしょうか。
 
 
 
 
他にもとても興味深い内容のご質問を沢山いただいており、嬉しく思っています。
 
 
また、追ってご紹介していきたいと思います。
 
 
 

 

Chie