ナインストーン リング

ナインストーンリングをご紹介します。

 

 

 

 

 

ナインストーンとは、アジアの中でも特にインドやスリランカで有名な9つの宝石のついた指輪やジュエリーです。

 

またナインストーンは、インドではナヴァラトナと呼ばれ、スリランカではナワラトゥナと呼ばれています。日本ではナワラタナとも...。

 

Nityaでは、読み方はナワラトゥナ(スリランカ式)、表記はNavarathna(インド式)としていますが、これはすべて同じジュエリーを指しています。

 

 

 

たまに、「これはナワラタナですか?」などのお問い合わせをいただきますが、すべて同じものになりますので、ご安心くださいね。

 

 

 

ナインストーンとは、運命をより良い方向へ導くジュエリーとして親しまれる、3ooo年の歴史を持つヴェーダ哲学から生まれたお守りです。

 

ヴェーダ哲学とは、古のインド地方の賢者たちの智慧の集大成で、世界中で愛好者の多いヨガやアーユルヴェーダを生み出したのも、ヴェーダ哲学です。

 

 

 

ナインストーンのリングは、ナワラトゥナの中でも特に人気のあるジュエリーです。

 

ナインストーンはブレスレットやネックレス、ペンダントにしてよく着用されていますが、インドやスリランカなどでは、リングで着用しているのが一番多いのではないでしょうか。

 

 

ナインストーンは、リングにしてどの指に着けても、お守りとしての力を十分に発揮すると言われています。

 

ナインストーンを誕生させたヴェーダ哲学によると、人の身体の中には、目には見えないチャクラと呼ばれる生命のエネルギーポイントがあり、身体からチャクラへとナインストーンの光が届くことで、お守りとしての力が発揮されると言われています。

 

指や指先には、ヨガで有名な微細な生命エネルギーを目覚めさせるスイッチ(ムドラー)があり、ナインストーンもリングでつけると、より効果的だとも言われています。

 

古代から人々が指輪を愛用していたのは、指につける意味が身体のどこに着けるよりも良いと知っていたからかもしれませんよね。

 

 

 

ナインストーンのジュエリーはリングに限らず、宝石に光を通過し肌へと届くようになっていることが大切にされています。

 

 

Nityaではナインストーンのリングのお取り扱いをしています。

ご興味がある方はぜひこちらの>>ナインストーン リングをクリックしてご覧ください。