|  | 

 

惑星数智学の本質数と宿命数を調べると支配惑星、副支配惑星がわかりますが、支配惑星、副支配惑星とは、人が惑星に支配されるのではなく、連綿と続く両親の性質から自ずと選択して惑星の影響を受けて生まれてきたことを意味しています。

 

ここでは、自身の支配惑星や副支配惑星がどのような性質を持つのか、その特徴をご紹介します。

 

生まれた瞬間により導き出される支配惑星の宿命は変えることができません。

しかし、人の運命は生き方で変えることができます。

 

運命 = 宿命 × 生き方

 

支配惑星のその特徴を知り、生き方を意識することで運命は改善されると言われています。

 

また9つの惑星と呼ばれる、太陽、月、火星、水星、木星、金星、土星、ラーフ(太陽と月の昇交点)、ケートゥ(太陽と月の降交点)には、それぞれ対応する宝石があります。

 

指定された宝石にはその惑星のネガティブな影響を抑える作用があるとされます。

惑星と宝石

宝石は数千年前から数億年もの長い歳月をかけて宇宙からふりそそぐエネルギーとマグマのエネルギーが結晶化したものです。

この長い時間の生成の過程を知ると、宝石が動物や植物と同じようにエネルギーでできたものだということがわかるのだと言われています。

 

 

宇宙の中の地球、その地球に住む私たち、私たちの中に住む微生物...

私たちが小宇宙だと言われるように、地球もまた小宇宙であり、宝石も大宇宙の要素に合致した小宇宙のひとつです。

 

宝石は、宇宙の星のかけら、などとよく言われますが、私たち人間も宇宙にある地球という星の一部です。

私たちに住む微生物の調子が悪くなると私たちの調子も悪くなるように、宇宙の森羅万象が地球や私たちに影響を与えます。

この宇宙の中で惑星からの影響が人や宝石に個別に存在し、相応に関係するとされています。

 

惑星数智学の支配星や副支配惑星の特徴《 9つの惑星の特徴と対応する宝石 》
数値惑星とその呼び名宝石

1

太陽

ルビー(Ruby)

 

太陽は極熱の強烈な炎を発する恒星です。
宇宙の中の何十億とある恒星のたった一つに過ぎませんが、太陽が無ければこの地球に生命は存在しなかったかもしれません。

太古の時代から多くの民族が太陽を神と崇拝してきました。それは太陽が生命にとって必要不可欠であることを知っていたからです。

何十億年か先には太陽は燃え尽き、この9つの惑星で成り立っている太陽系は終わりを告げます。太陽は9惑星の中心で父性や権威を象徴しています。すべての惑星の支配者で肉体的な活力の源と考えられています。
他のすべての惑星は太陽の軌道に乗り、ほとんどの生命体はその生存のためのエネルギーを太陽に依存しています。太陽は光、成功、知性、知恵、財産、名声、富、意思など、人の内面的な特性の要素を象徴します。
太陽が良い影響を与えてくれる時、人を陽気で幸運にし、賢明で強い意思が与えられます。忍耐力、活力、肯定的な精神、勇気、確信、指導力、独立心、情熱も与えられます。
太陽が悪い影響を与える時、人を意志薄弱にし、判断力を低下させます。忍耐力、活力を低下させ、憂鬱、不安、依存性を与え、間違った考えを生みます。太陽の影響を過剰に受けると人は傲慢、横暴、独裁に陥ります。

 

太陽のキーワード

【魂】【自我】【勇気】【権力】【影響力】【意思力】【自尊心】【名誉】【父親】【政府】【王室】【権力者】【社長】【骨】【心臓】【動脈】【頭】【脳】【右目】【エネルギー】

 

太陽が肉体に及ぼす影響

太陽は右目や右の鼻腔、右側の気の流れ、体の右半身、左脳に関係します。

太陽に支配される人は基本的に丈夫ですが、循環器系統に問題を起こしやすく、目の病気や高齢期には高血圧にかかりやすい傾向があります。

 

太陽の宝石ルビー

ルビーは太陽の宝石とされ、太陽に関連する問題の解消に役立ちます。サンスクリット語ではラトナラジ(宝石の王様)と呼ばれています。

 

>>太陽と他の惑星の相性が知りたい方はこちらへ

数値惑星とその呼び名宝石

2

パール(Pearl)

 

太陽系の中で地球に最も近い天体であり、地球に多くの影響を及ぼしています。潮の満ち引きにも影響を与え、出産や死や月のサイクルに影響されると言われています。

精神科医であるアーノルド・L・リーバー博士は自身の著書「月の魔力」の中でバイオタイド(体内潮汐)理論を提唱し、月と人間の行動や感情には一定の関連があると説いています。

月は人の精神と無意識のレベルに影響を与えます。
人を繊細にし、感傷的にもしますが、変化しやすい性質も同時に与えます。

インドでは太陽の光に反射した月光には癒しの力があるとされ、薬草は月夜に成長すると信じられていました。
月は本能的な意識や感覚、精神と周期的な変化を象徴し、習慣や感情、母性や家族、また社会でもあります。太陽は支配者ですが、月は魂の光を心に伝える媒体で、愛、寛容さと平和や調和、そして幸福を象徴します。

月が良い影響を与えてくれる時、母性や安らぎ、幸福の状態を与えます。また愛情や友情、奉仕などの感情が生まれます。

月が悪い影響を与える時、情緒的混乱や不安、頑なさや傷心、依存心や惰性、停滞などを与えます。

月が毎日姿を変えるようにその性質は常に変化します。行動や感情は一貫せず多重人格的な行動として現れることがあります。

 

月のキーワード

【心】【感情】【幸福】【記憶力】【人気】【多様さ】【受容力】【変化】【母親】【妻】【女性】【家族】【大衆】【女王】【血液】【胃】【肺】【リンパ】【体液】【子宮】【血液循環】【左目】

 

月が肉体に及ぼす影響

月は左目や左の鼻腔、右の気の流れ、体の左半身、そして右脳に関係します。月に支配される人は体力的に恵まれない場合が多いです。

繊細であるために精神的なストレスに苦しむことがあります。
またストレスや緊張によって神経系と心臓に悪影響を及ぼしやすいでしょう。

 

月の宝石パール

パールは月の宝石とされ、主に精神面での癒しを与えてくれます。
また月の引力に影響される病気に対しても有効であるとされています。

 

>>月と他の惑星の相性が知りたい方はこちらへ

数値惑星とその呼び名宝石

3

木星

黄色のサファイア(Sapphire)

 

太陽から5番目の惑星で太陽系内で最大の惑星が木星です。

太陽系の他の惑星を全部合わせても木星の半分にもなりません。その大きさゆえにインドでは木星はグル(指導者)、神々の師と呼ばれています。

木星が一番大きな惑星であるのを象徴するように、この惑星の持つ性質は発展や拡大、増大になります。そのため最も幸運な吉兆の惑星として扱われています。太陽がアートマン(真我)の性質を示すのに対し、木星はジーヴァ(この特性を表す魂)とされます。

木星は神の慈悲、高次の知識、精神性の向上を表します。
木星によって私たち人は本来の個性を成長させることができるのです。木星の影響にある人は強い力と野心を与えられますが、誠実で高い理想を持った人生を歩みます。

物質的には、健康と富、活力をもたらします。また精神的には真実の知識や知恵を与えてくれるでしょう。

木星が良い影響を与える時は、運や名声、富や指導力、また直観力を与えて他者へのサービス精神や信仰心、慈愛の精神が豊かになります。

木星が悪い影響を与える時には、人は真実の知恵を見失い傲慢で自己顕示欲が高まり、世俗的、即物的な考えに陥り、物質や虚名を求めるようになるでしょう。

 

木星のキーワード

【知識】【識別力】【幸運】【秩序】【財産】【拡大】【教育】【創造】【献身】【宗教】【夫】【子供】【孫】【父方の祖父母】【教師】【医者】【脂肪】【肝臓】【耳】【へそ】【腰】【動脈】【消化不良】

 

木星が肉体に及ぼす影響

木星は肝臓と腰から太ももにかけての部位に関係をします。木星に支配される人は心配や不安などによる神経症、皮膚病、関節炎、糖尿病、黄疸や吹き出物などにかかりやすい傾向があります。

 

木星の宝石黄色のサファイア

イエローサファイヤは木星の宝石とされ、木星に関連する問題の解消に役立ちます。特に知識や知恵を司る宝石とされています。

 

>>木星と他の惑星の相性が知りたい方はこちらへ

数値惑星とその呼び名宝石

4

ラーフ

ヘソナイト(Hessonite)

 

ラーフとケートゥは惑星と呼ばれていますが、両者とも月と太陽の軸道の交点のことで実体はなく、そのエネルギーを指しています。

地球の赤道より北半球に位置するものが昇交点と呼ばれ、地球の周りを廻っているのがラーフになります。南の降交点がケートゥになります。

インドの神話では、魔物ラーフは神に化けて神々のアムリタ(不死の酒)を盗み飲みします。それを太陽と月に発見されヴィシュヌ神に告げ口されたことで魔物ラーフは首を切られて天に昇ることになるのでした。そうして首部分がラーフ、体の部分がケートゥとなりました。

告げ口した太陽と月を逆恨みして今でも太陽と月を追い回しているのだと言われ、そうして太陽をつかまえると日食が起こり、月を捕まえると月食が起こると言い伝えられています。

ラーフは活動的ですが分裂的でもあり、人の精神に影響を与えます。
ラーフは一般的には凶星と考えられ、怒りや動転、心配や突発事態、異常性などに関係しています。外交的で物質的な目標に向かって進む傾向があります。

ラーフが良い影響を与える時、強さを得ますが他者への配慮が欠如します。物質的な成功を得ても、常に満たされず自己中心的な性質でネガティブな行いの原因となってしまいます。

ラーフが悪い影響を与える時、人は判断力と感受性を失い、自己中心的、利己的、悲観的、攻撃的になり、物事の遅延、粗暴性、低俗性、享楽主義、偽善性が表れます。

 

ラーフのキーワード

【突然の変化】【快楽主義】【物質主義】【異常】【偽善】【滑稽】【混乱】【分離】【怠惰】【決裂】【腐敗】【無知】【狂信】【父方の祖父】【最下層民】【外国人】【腫瘍】【皮膚病】【消化器官】【排泄器官】【腫れ】【粘液】【骨】

 

ラーフが肉体に及ぼす影響

ラーフは体力、骨格や脂肪、組織や皮膚に関係します。ラーフに支配される人は風邪や咳、感染症や貧血、心臓や血圧、年病や不治の病などにかかりやすい傾向があります。

 

ラーフの宝石ヘソナイト

ヘソナイトはグロッシュラーライト・ガーネットの一種でオレンジ色の褐色を帯びたものです。美しく発色した透明なヘソナイトはラーフの有害な影響を中和します。

 

>>ラーフと他の惑星の相性が知りたい方はこちらへ

数値惑星とその呼び名宝石

5

水星

エメラルド(Emerald)

 

水星は太陽系の惑星の中では最も小さく、太陽に最も近い惑星です。

水星は太陽に非常に近いため日の出の前と日没直後のわずかな時間しか観察することができません。その動きの早さは機敏さの象徴とされ、すばやい理解力、才能、シンプル、柔軟性を象徴しています。またすばやい情報伝達、意思疎通は水星に影響を受ける人の特徴です。太陽に近いために神の使者ともされています。

水星は基本的に吉星でいつも若々しく、知性的で、論理性に富みます。知恵が働き繊細で雄弁でもあります。
また基本的には物質を組織して、つなぐ役割の星でもあります。

水星は富を象徴しませんが、商業を象徴する惑星で金銭を集め管理する力を与えてくれます。

水星が良い影響を与える時、人は素晴らしい記憶力、正当な判断、論理性、コミュニケーション能力、賢明な判断を得ることができます。

水星が悪い影響を与える時、精神的に不活発になり、神経質、皮肉な性格を与え、詭弁、空論、論争が多くなるでしょう。

 

水星のキーワード

【知能】【論理性】【分析】【理解力】【探究心】【落ち着きの無さ】【言葉】【コミュニケーション】【好奇心】【商業】【移動】【親戚】【叔父・叔母】【従兄弟】【養子】【友人】【若者】【皮膚】【気管支】【肺】【神経中枢】【腸】【手足】

 

水星が肉体に及ぼす影響

水星は循環器系や神経系に関係します。水星に支配される人は

慢性的な下痢、便秘、腹痛、胃炎、消化不良、腎臓障害、風邪、咳、皮膚病、神経、頭痛、記憶力、血圧、心臓病にかかりやすい傾向があります。

 

水星の宝石エメラルド

インドではエメラルドは幸運と健康を司る宝石とされ、マハラジャたちが競って高品質なエメラルドを収集しました。また治療に役立つ宝石であると言われています。エメラルドは水星の宝石とされ、水星に関連する問題の解消に役立ちます。特に水星のポジティブな力を強めます。

 

>>水星と他の惑星の相性が知りたい方はこちらへ

数値惑星とその呼び名宝石

6

金星

ダイヤモンド(Diamond)

 

 

金星は太陽に近い2番目の惑星です。
金星は太陽と月を除いて最も明るい天体なので有史以前から知られていました。

金星は明け方と夕方にのみ観測でき、明けの明星、宵の明星として知られています。金星を意味するヴィーナスはローマ神話の愛と美の女神です。天空にひときわ明るく美しく輝いているため、多くの文明で女性の象徴とされ神格化されてきました。

サンスクリット語のシュクラには女性性という意味があります。シュクラの文字どおり金星は人を活発にし、芸術的、官能的、情熱的で美しく魅力的な肉体を与えます。
金星の影響を受ける人は幸福で優雅です。人間の官能的側面を象徴します。金星は愛と調和を表し、母性、感情、愛、美と芸術、ファッションと関係します。

同じく愛を象徴する月が愛の受け手であるのに対して金星は愛の送り手となります。金星は人の美意識に強く影響を与えることでしょう。

金星が良い影響を与える時は繊細さや美しさ、楽しさや上品さ、芸術性や官能美が表されます。

金星が悪い影響を与える時は停滞や怠惰をもたらし、人を享楽的、浪費的、多情、多淫にして家庭のトラブルや性的な病気にかかりやすくなるでしょう。

 

金星のキーワード

【愛】【結婚】【芸術】【贅沢】【美】【願望】【幸運】【繁栄】【魅力】【酒】【宝石】【芸術】【踊り】【音楽】【配偶者】【恋人】【パートナー】【母方の祖父母】【泌尿器科系】【生殖器】【腎臓】【分泌物】

 

金星が肉体に及ぼす影響

金星は目、喉、顎、腎臓、生殖器に関係しています。金星に支配される人は情動的要因で神経のストレスに苦しむことがあるでしょう。性病や生殖器のトラブル、腎臓や泌尿器系にも問題を生じる傾向があります。

 

金星の宝石ダイヤモンド

ダイヤモンドは金星の宝石とされ、金星に関連する問題解消に役立ちます。アーユルヴェーダでは延命や強壮、滋養や美容に効果があるとされています。

 

>>金星と他の惑星の相性が知りたい方はこちらへ

数値惑星とその呼び名宝石

7

ケートゥ

キャッツアイ効果

 

 

ラーフとケートゥは惑星と呼ばれていますが、両者とも月と太陽の軸道の交点のことで実体はなく、そのエネルギーを指しています。

地球の赤道より北半球に位置するものが昇交点と呼ばれ、地球の周りを廻っているのがラーフになります。南の降交点がケートゥになります。

インドの神話では、魔物ラーフは神に化けて神々のアムリタ(不死の酒)を盗み飲みします。それを太陽と月に発見されヴィシュヌ神に告げ口されたことで魔物ラーフは首を切られて天に昇ることになるのでした。そうして首部分がラーフ、体の部分がケートゥとなりました。

告げ口した太陽と月を逆恨みして今でも太陽と月を追い回しているのだと言われ、そうして太陽をつかまえると日食が起こり、月を捕まえると月食が起こると言い伝えられています。

ケートゥは彗星や流星の祖とされています。ラーフは土星と共に凶兆の星とされていますが、ケートゥの凶意はラーフほど強くありません。

ラーフの理想と執着に対して、ケートゥは禁欲と解放を表します。

ラーフが世俗的な願望を手にして成長していく存在だとすれば、ケートゥはそれを捨ててスピリチュアルな傾向を強めます。ケートゥは自己の内面で、純粋さと高い精神性を極める方向へと進みます。しかし、同時に排他的な考えも与えます。ケートゥの影響を受ける人は非常に繊細で情動的です。

凶星としてのケートゥは疑いや怒り、損失や強情、批判や狭い視野をもたらし、論争や闘争を引き起こします。ケートゥの影響を受ける人は話好きで議論を好みます。自己世界での空想に没頭し、直感的、創造的でなんでも誇張します。

ケートゥが良い影響を与える時は、人に集中力を与え、難解な問題も論理的に解決してくれます。

ケートゥが悪い影響をもたらす時は、霊性や純粋性からかけ離れ、物質的、肉体的、感覚的な物質界に関心を向けます。

 

ケートゥのキーワード

【真我】【禁欲】【解放】【解脱】【神経質】【識別力】【偶発】【毒舌】【陰謀】【哲学】【母方の祖父】【父方の祖母】【最下層民】【外国人】【指揮者】【熱】【外傷】【腫瘍】【天然痘】【風邪】

 

ケートゥが肉体に及ぼす影響

ケートゥに支配される人は、感染症や消化不良、便秘、その他の胃腸障害、痛風や関節炎にかかりやすい傾向があります。

 

ケートゥの宝石キャッツアイ効果の代表石クリソベリル

本来キャッツアイとは円形に研磨した宝石に光をあてると猫目状の光が浮かぶ石の総称になります。ケートゥの宝石であるキャッツアイはクリソベリルの変種で正確にはクリソベリル・キャッツアイと呼ばれる宝石です。

眼光のような光が現れるため、不吉を見通し不吉な相を見抜いてそれを避けると伝えられてきました。キャッツアイを着用することで、ケートゥのもたらす不運から逃れることができるとされています。

 

>>ケートゥと他の惑星の相性が知りたい方はこちらへ

数値惑星とその呼び名宝石

8

土星

サファイア(Sapphire)

 

土星は太陽から最も遠い場所にあり、太陽系の惑星の中では木星に次いで大きい惑星です。

木星と同様に太陽から受ける以上のエネルギーを宇宙に放出しています。惑星の周の環が特徴です。

土星の公転周期は約29年。土星は不活発で凶星と考えられています。その遅い動きから土星は緩慢な動きや困難、不安や過酷な運命を象徴しています。

インドの神話では土星は神に任じられた行政官で法と秩序を守り、人が道から外れると厳罰を与え、人に現世の無情さを教えるために大切なものを取り上げたりします。それは地位や名誉や財産、命だったりするほど厳しいものです。

土星は人に厳しさや教訓を与え、成功や粘り強さを試す教師の役割を果たします。人に忍耐力や不屈の精神を与え、楽観的で無責任な性質を正そうとします。
土星は障害や怪我、不幸や抑圧、苦悩や困難、悲しみなどをもたらします。しかしそのために土星の影響を受けた人は哲学性や責任感、辛抱強さを身に付け、他者からの支持やカリスマ性を受け取ります。

土星が良い影響を与える時は人は善悪の識別力や誠実さ、粘り強さを得て、正直で無執着、正義感ある指導力で信頼と名声を得るでしょう。

土星が悪い影響を与える時は、破壊と破滅をもたらします。

 

土星のキーワード

【苦しみ】【悲しみ】【恐怖】【遅延】【否定】【制限】【障害】【執着】【遅れ】【縮小】【義務感】【謙虚】【奉仕】【忍耐】【死】【疾病】【召使】【使用人】【下層民】【老人】【骨】【膝】【足】【神経】【髪】

 

土星が肉体に及ぼす影響

土星は爪や髪、歯や骨、骨格や肌、神経系に関係しています。土星に支配される人は麻痺、リューマチ、痛風、難聴、言語障害、鬱、神経症、疝痛、脱毛、耳や鼻のトラブル、喘息などにかかりやすい傾向があります。

 

土星の宝石サファイア

ブルーサファイヤは土星の宝石とされ、土星のもたらす不運や災いを避け、幸運へと導く力があると信じられています。

 
>>土星と他の惑星の相性が知りたい方はこちらへ

数値惑星とその呼び名宝石

9

火星

コーラル(Coral)

 

 

普段はさほど明るい星ではありませんが、数年に一度炎のように真っ赤に輝く時期があります。この姿が血のように見えることから、古代の人々は火星を戦いの神の象徴としてとらえました。
また天空における火星は直線的で複雑な動きをしています。また火星はエネルギーの象徴として男性性を表します。

火星はその姿から火の活発を人にもたらします。またその複雑な動きから攻撃性や機敏さとともに不安定さや落ち着きのなさを意味しています。

火星は権力や力、勇気や攻撃を象徴します。火星は人に力を生み出す能力と実行する力、強い意志、確固たる自信、自立心を与え、物事を最後までやり遂げ、争いや揉め事を乗り越えます。高次のレベルでは表面上の怒りや激情を抑え、高いレベルでの精神性、霊性を求める揺るぎない情熱と強い意志として作用します。

火星が良い影響を与える時は、情熱や集中力、俊敏さや競争心、勤勉さやリーダーシップの才能をもたらします。

火星が悪い影響を与える時は、人は短気で挑発的、好戦的で暴力的になり自己抑制力を失います。また利己的で支配的にもなります。

 

火星のキーワード

【力】【活力】【情熱】【勇気】【行動】【怒り】【攻撃】【闘争】【論理】【集中】【怪我】【火】【土地】【外科手術】【弟妹】【敵】【管理者】【血液】【骨髄】【胆汁】【筋肉】【腱】【消化力】【肝臓】

 

火星が肉体に及ぼす影響

火星は血や骨髄、骨に関係しています。火星に支配される人は、血液に関する病、骨の病気、発熱、感染症、皮膚病、潰瘍、胃、肝臓、肺、耳鼻の病気にかかりやすい傾向があります。また外傷や中毒、火傷に遭いやすい運命となります。

 

火星の宝石コーラル

赤い色は火星のポジティブな力の象徴です。コーラルは物質的成功、恐怖心の除去、勇気を与え、健康を改善すると言われています。
 
>>火星と他の惑星の相性が知りたい方はこちらへ