|  | 


 人と宝石

 

宝石を使用して人を癒す行為は文明が始まった時から近代にかけて、何千年にも渡り行われてきました。

 

古代の人々は宝石が病を治し、富や繁栄を授ける不思議な力を備えているとしてきました。
エジプトやメソポタミアの碑文には、すでに宝石を着用することによる効果が記されているのだそうです。

 

古代から医学とジョーティシュは一体で、アーユルヴェーダでは医師が星読みでもあることも珍しくありません。
個人のホロスコープに現れた予兆を読み解き、宝石を処方するのは古くからの星読みの役割でした。
ヴェーダ哲学では5大思想(空・風・火・水・土のエネルギーの働き)のすべてがそれぞれ独自の振動を発しながら、相互に共鳴しあっている状態だとし、その中でこの宇宙が成り立っているのだといわれています。

 

宇宙の響きは、小宇宙の私たちにも響きあい共鳴しているのです。

 

ヴェーダ哲学で定められた9つの宝石は、人生をより良い方向へ導くだけでなく、医療の目的にも使用されて、やがて系統的な宝石の知識が確立されていくに従って、虹と同じ七色の光を放つ宝石が特に有効であることがわかってきました。
また後に不可視光線である赤外線と紫外線を持つ宝石もわかり、9つの光とその宝石が特定されたといわれています。

 

Nityaではナワラトゥナ(ナヴァラトナ)の9つの光とその宝石が持つ「宝石療法」による特性をご紹介しています。


※虹…太陽光線は色々な波長の光の集まりです。光は波長によって色が変わり波長の長い順に、赤・橙・黄・緑・青・藍・紫となっています。

光線色 レッド (対応する惑星は太陽


宝石 ルビー(Ruby)、ガーネット(Garnet)、赤いスピネル(Spinel)


宝石の作用

 

フィジカルな作用

☆血液の循環を良くする。冷え性や血栓動脈硬化、心筋梗塞、脳血栓、高血圧。
☆生命エネルギーを高め、細胞の再生を促進し、組織に活力を与える。
☆脾臓、骨髄へのリンク。
☆感染症 など

 

メンタルな作用

☆肉体・精神的なエネルギーを活発にし、物事に積極的に取り組めるように。
☆生きる勇気、バイタリティ、指導力やアイデンティティーの確立、決意、熱意がうまれる。

光線色 オレンジ (対応する惑星は月)


宝石 パール(Pearl)、ムーンストーン(Moonstone)、白いアゲート(Agate)、白いジェード(Jade)


宝石の作用

 

フィジカルな作用

☆炎症や打撲に伴う熱、腫れの緩和。風邪、インフルエンザ、気管支炎など。
☆過剰過敏の緩和。アトピーや花粉症など。
☆感染症。☆抗酸化作用によって細胞膜を強化。

 

メンタルな作用

☆過去の体験を引きずり前に進めない、気持ちの解放。
☆過剰な心配をしてしまう、心配性の緩和。
☆心を平穏に保ち気分の変動を軽くする。
☆目的、思考の明晰化。

光線色 ブルー (対応する惑星は木星)


宝石 黄色のサファイア(Sapphire)、シトリン(Citrine)、黄色のトパーズ(Topaz)


宝石の作用

 

フィジカルな作用

☆ホルモン調整。アレルギー反応の調整。
☆口腔、歯、咽喉、声帯、気管支への作用。
☆代謝の調整。
☆抗ストレス、抗ウィルス。
☆食道、胃、十二指腸、小腸、大腸への作用。

 

メンタルな作用

☆事に際し深く冷静に考える力を高める。
☆自分への信頼を高める。
☆パニックのような心配性を軽減する。
☆自己中心、頑固罪悪感などの感情の中和。

光線色 紫外線 (対応する惑星はラーフ:太陽と月の昇交点)


宝石 ヘソナイト(Hessonite)、スペサルタイト(Spessartite)、ジルコン(Zircon)、サードオニクス(Sardonyx)


宝石の作用

 

フィジカルな作用

☆化学物質の無力化。
☆抗ウィルス・細菌効果。ヘルペスウィルス(Ⅰ,Ⅲ)他。黄色菌他。
☆人体と骨の結合強化。脊椎側湾、テニス肘。

 

メンタルな作用

☆特定のものへの強いこだわりの解放。
☆あらゆる事が不公平だと感じる、細かい事が気になってしまうことからの解放。

光線色 グリーン (対応する惑星は水星)


宝石 エメラルド(Emerald)、緑色のトルマリン(Tourmaline)、緑色のジルコン(Zircon)、アベンチュリン
(Aventurine)、ペリドット(Peridot)、緑色のオニキス(Onyx)


宝石の作用

 

フィジカルな作用

☆神経系。中枢神経である大脳、脳幹。末梢神経である脳神経、脊髄神経、自律神経へのリンク。
☆消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)。肝臓、胆嚢、胆管へのリンク。
☆ウィルス、細菌、真菌、寄生虫。

 

メンタルな作用

☆混乱に際して、事の本質を理解して受け入れる。
☆人間関係のもつれを解きほぐす。
☆集団行動に際しての人への思いやりや協調性を高める。

光線色 ダークブルー (対応する惑星は金星)


宝石 ダイヤモンド(Diamond)、透明のサファイア(Sapphire)、透明のトルマリン(Tourmaline)


宝石の作用

 

フィジカルな作用

☆泌尿生殖器。膀胱炎、前立腺肥大、慢性腎臓病、子宮筋腫へのリンク。
☆化学物質の解毒。薬剤、殺虫剤、除草剤など。
☆性交能力の減退。
☆リンパの流れ、リンパ腺の機能回復。

 

メンタルな作用

☆精神的に傷付いた人が生きる目的を取り戻す手助け。
☆明確な対象(病気、試験、いじめ等)への恐れの緩和。
☆苦悩に際しての他者依存の軽減。

光線色 赤外線 (対応する惑星はケートゥ:太陽と月の降交点)


宝石 キャッツアイ効果、タイガーアイ効果


宝石の作用

 

フィジカルな作用

☆細胞活性化。
☆有害物質の無毒化(有害金属、ある種の薬物)。
☆抗病原菌作用(ウィルス、細菌、寄生虫)。
☆抗癌遺伝子。
☆エネルギーの産生亢進。

 

メンタルな作用

☆自分の考えにこだわりすぎて柔軟性に欠けるとき、自分の価値観のみで考えて相手の立場を無視してしまうときに他者の意見を受け入れて調和を高める。
☆想像力を育てる。

光線色 バイオレット (対応する惑星は土星)


宝石 サファイア(Sapphire)、アイオライト(Iolite)、タンザナイト(Tanzanite)


宝石の作用

 

フィジカルな作用

☆末梢神経へのリンク。三叉神経痛、顔面神経痛、味覚障害、視力障害など。
☆皮膚(髪、爪)のアレルギー性皮膚炎、髪の成長、脱毛、しみ、そばかすの緩和。
☆抗ウィルス、ヘルペスウィルス(Ⅱ,Ⅳ,Ⅴ,Ⅵ,Ⅶ)。

 

メンタルな作用

☆意識をより高い段階へ、新たな成長へと促す。
☆古いパターンを壊し意識変容する。
☆短気の緩和。
☆自分の変化が怖い、親の決定から自立ができないことへの克服。
☆感情の過剰な乱れを穏やかに。
☆マイナス思考をプラス思考に。

光線色 イエロー (対応する惑星は火星)


宝石 コーラル(Coral)、オレンジ色のサファイア(Sapphire)、ピンク色のサファイア(Sapphire)、カーネリアン(Carnelian)、赤いアゲート(Agate)、ジャスパー(Jasper)


宝石の作用

 

フィジカルな作用

☆筋肉系(骨格筋、心筋、平滑筋)へのリンク。
☆肝臓、胆嚢、胆管、膵臓、消化管へのリンク。急性肝炎、慢性肝炎、胆石、膵炎、糖尿病。
☆骨、軟骨、関節、脊柱、骨髄、関節液へのリンク。骨折、変形性膝関節症、腰痛。

 

メンタルな作用

☆新たな意識への覚醒を促す。
☆両親や他者からの虐待、抑圧によるトラウマからの解放。
☆自分への不信感、生きている事への不安感を和らげる。
☆他人の考えを意識しすぎることからの解放。偏見のない心、正直、陽気な気持ちを育む。