ナワラタナ ネックレス

ナワラタナ ネックレスのご紹介をします。

 

 

 

 

 

ナワラタナ ネックレスとは、ナインストーンや9つの宝石などとも呼ばれるジュエリーの首から掛けるタイプになります。

 

またナワラタナとは、インドではナヴァラトナ(Navarathna)と呼ばれ、スリランカではインドと似ていますが、ナワラトゥナ(Nawarathna)と呼ばれています。

 

英語の発音での違いで、日本では様々に呼ばれているようです。

 

 

 

Nityaでは、読み方はナワラトゥナ(スリランカ式)で、表記はNavarathna(インド式)としていますが、これはすべて同じジュエリーを指しています。

 

ナワラタナとはナワが「9つ」、ラトゥナ(ラタナ)が「宝石」という意味で、9つの宝石がセットされたお守りジュエリー。

 

身につける事で、人が生まれた瞬間に定められる星の宿命を基に、運命をより良い方向へと導くとされるジュエリーです。

 

 

 

ナワラタナ ネックレスは、ナワラタナの中でも人気のあるジュエリーです。

 

ナワラタナは、ブレスレットやリングでも着けられますが、何かにぶつけるような心配の少ないネックレスタイプは、安心して着用ができます。

 

医療や調理、接客などの仕事上の理由でリングの着用が難しい場合も、ナワラタナ ネックレスはおすすめです。

 

 

 

またインドやスリランカでは、ナワラタナをアンクレットにするのも人気があるようです。

 

幼い女の子がナワラタナのアンクレットをしているのを見かけますが、とても可愛いです。

 

 

 

ナワラタナは、ネックレスにしてデコルテの肌に触るように着けると、お守りとしての力を十分に発揮すると言われています。

 

ナワラタナが誕生したインドで、3000年以上の歴史を持つヴェーダ哲学によると、人の身体の中には、チャクラと呼ばれる生命のエネルギーポイントがあり、ナワラタナを肌に着けて、身体からチャクラへと9つの宝石の光が届くようにすることで、お守りとしての力が十分に発揮されるとされています。

 

 

ナワラタナのジュエリーは、ネックレスに限らず、宝石に光を通過し肌へと届くようになっていることが大切にされています。

 

 

 

Nityaでナワラタナのネックレスのお取り扱いをしています。

ご興味がある方はぜひこちらの>>ナワラタナ ネックレスをクリックしてご覧ください。