ナワラタナはスリランカの宝石でできたお守り

ナワラタナは、昔からあるスリランカの伝統的なお守りで、9つの宝石でできており、現地ではNawarathna(ナワラトゥナ)と表記されます。

 

また、インドでも同じくナヴァラトナ(Navarathna)という、9つの宝石でできたお守りがありますが、これはどちらも同じ起源を持つ、同じお守りになります。

 

 

日本ではナワラタナは「ナインストーン」や「9つの宝石」とも呼ばれていますが、これらはすべてナワラタナのことを意味しています。


ナワラタナはスリランカだけでなく広く、ネパールなども含むインド広域の地方で、長いあいだお守りとして親しまれてきました。

 

 

また、Nityaではナワラトゥナと呼び、表記はNavarathnaとしています。

 

言い回しは様々ですが、これらは全て同じ9つの宝石のお守りのことです。

 

 

 

 

 

 

スリランカのナワラタナと、インドのナヴァラトナには、9つの宝石の種類に違いがあります。

 

 

 

【スリランカのナワラタナ】

 

・ルビー

・ダイヤモンド

・エメラルド

・パール

・ピンクサファイア

・イエローサファイア

・ブルーサファイア

・クリソベリルキャッツアイ

・ヘソナイトガーネット

 

 

 

【インドのナヴァラトナ】

 

・ルビー

・ダイヤモンド

・エメラルド

・パール

・コーラル

・イエローサファイア

・ブルーサファイア

・クリソベリルキャッツアイ

・ヘソナイトガーネット

 

 

 

9つの宝石の1つにインドではコーラル(珊瑚) を使用しているのですが、スリランカではピンクサファイアやオレンジサファイアが使用されることが多いようです。

 

コーラルやピンクサファイア、オレンジサファイアは火星の宝石になります。

 

 

 

またスリランカでは、パールの代わりにムーンストーンが使用されることも珍しくありません。

 

パールやムーンストーンは月の宝石になります。

 

 

 

ナワラタナは、宿命のネガティブな部分を和らげ、運命をよりよい方向へ導く効果があるとされています。

 

 

スリランカでは、この宿命を生まれた瞬間の星の位置から導き出す、星読み(占星術)がとても盛んです。

 

国認定の星読み師が、連綿と続く伝統的な方法で生年月日とその時間と出生地を基に、あなただけのホロスコープを作成してくれます。

 

ナワラタナの9つの宝石は、このホロスコープに関係のある全ての星とリンクする、とても万能なお守りなのです。

 

 

 

 

 

Nityaでは、ナワラタナのジュエリーのお取り扱いもしています。

ご興味のある方は、ぜひこちらの>>ナワラタナ ジュエリーもご覧ください。