インドのナワラタナ、スリランカのナワラタナ

インドのナワラタナと、スリランカのナワラタナをそれぞれご紹介します。

 

 

 

日本でナワラタナと呼ばれるジュエリーは、

 

インドでは、ナヴァラトナ Navarathna

スリランカでは、ナワラトゥナ Nawarathna

 

と呼ばれるものになります。

 

 

また、日本ではナインストーンや9つの宝石とも呼ばれていますが、これらはすべてナワラタナのことを意味しています。
ナワラタナはスリランカやネパールなどを含むインド広域の地方で長いあいだお守りとして親しまれてきました。

 

ナワラタナは生まれてきた瞬間に星に定められた宿命による、人の運命をよりよい方向へ導くとされています。

 

また宝石のついている高価なものですし、身につける貴金属となることからジュエリーとされています。

ナワラタナは主にリングやネックレス、ペンダントなどのジュエリーとして多くの方に身につけられています。

 

 

 

インドのナワラタナ

 

ルビー

ダイヤモンド

エメラルド

パール

コーラル

イエローサファイア

ブルーサファイア

クリソベリルキャッツアイ

ヘソナイトガーネット

 

 

スリランカのナワラタナ

 

ルビー

ダイヤモンド

エメラルド

パール

ピンクサファイア

イエローサファイア

ブルーサファイア

クリソベリルキャッツアイ

ヘソナイトガーネット

 

 

インドのナワラタナと、スリランカのナワラタナの違いは1つ、コーラルかピンクサファイアになります。

このコーラルとピンクサファイアは両方とも9つの宝石の中で火星を表しています。

 

 

スリランカは昔から宝石の島として広く知られ、シンドバットが宝石を買うために船で出かけたという文献があるほど。

スリランカでは良質で多くのサファイアが産出するので、コーラルよりもピンクサファイアを使用するようになったのかもしれません。

 

 

インドやスリランカに行くと、海外からの観光客向けのお土産に、ナワラタナの代替石がセットでお手頃に販売されています。

気軽に楽しめるナワラタナとして、旅の思い出のお土産に良いかもしれません。

 

 

Nityaではナワラタナを取り扱っております。

ご興味のある方はぜひこちらの>>ナワラタナ ジュエリーをクリックしてご覧ください。