ナワラタナとアパラムッダ

ナワラタナはアパラムッダと呼ばれる伝統的な宝石のお守りのひとつです。

 

ナワラタナの本場スリランカでは、災いを「アパラ」といい、災いを遠ざける宝石のついた指輪を「アパラムッダ」と呼びます。

 

 

 

 

 

アパラムッダとナワラタナとの違いは、ナワラタナは人に影響を与えるとされる9つの星のすべての宝石が付いているのに対して、アパラムッダの指輪についた宝石は、伝統的な星読みに導きだされたホロスコープによって個人の固有の宝石となることです。

 

ナワラタナは万能な星のお守りとして親しまれ、アパラムッダは個人特有のお守りとして愛されています。

 

 

アパラムッダは、生まれた瞬間の星の配置による伝統的なホロスコープによって導き出された、その人特有の星の災いを和らげる宝石のついた指輪なのです。

 

ナワラタナの盛んなインド地方やスリランカでは、男女を問わず多くの人が宝石のついた指輪などを身につけていますが、これはファッションで身につけているのではなくお守りとして身につけています。

ナワラタナではない宝石の指輪はほとんどがアパラムッダの個人の宝石として身につけている指輪になります。

 

 

またナワラタナは、スリランカではNawarathna ナワラトゥナやナワラトナ、インドではNavarathna ナヴァラトナやナヴァラトゥナと呼ばれています。ナワやナヴァは9つを意味し、ラトナやラトゥナは宝石を意味するサンスクリット語になります。

Nityaではナワラトゥナと呼び、Navarathnaと記しています。

 

 

 

 

Nityaでは星読みが盛んなスリランカでの、生まれた瞬間の星の配置による宿命診断を行っています。
ホロスコープによる個人の宝石も知ることができます。

>>生まれた瞬間の星の配置による宿命診断 オーダーホロスコープ

 

 

また、ナワラトゥナのジュエリーのお取り扱いもしています。

ご興味のある方は、ぜひこちらの>>ナワラトゥナ ジュエリーもご覧ください。