ナワラタナの意味

ナワラタナの意味をご紹介します。

 

 

一般に日本でナワラタナと言う9つの宝石のついたジュエリーは、ナワラトゥナ、ナヴァラトナ、ナインストーン、9つの宝石とも呼ばれています。

 

ここではその意味についてご紹介させていただきます。

 

 

 

 

ナワラタナとは、9つの宝石という意味です。

 

ナワラタナはサンスクリット語で、

 

ナワ=9つ

ラトゥナ=宝石

 

という意味の言葉をつなげたものです。

 

ナワラトゥナはよくスリランカで呼ばれています。

 

ナヴァラトナのナヴァも同じく9つ、ラトナも宝石という意味で、こちらはインド以北でよく使用されています。

 

ナワラタナはインド地方に広く伝わる古からのヴェーダ哲学に基づく、9つの星々とリンクした9つの宝石のついたジュエリーです。

 

人の生まれた瞬間に定められた自分の星々の宿命に対して、よりよい影響を与えるよう星に働きかける効果のある人生のお護りとして、ナワラタナは古くから親しまれているものです。

 

ナワラタナは身に着けることで、9つの宝石が私たちに作用するとされています。

 

日本ではヨガやアーユルヴェーダにご興味がある方や、実践している方によく知られているお守りジュエリーです。

 

 

《ナワラタナ9つの宝石の種類》

 

1.ルビー

2.パール

3.コーラル(インド)、ピンクサファイア、オレンジサファイア(スリランカ)

4.エメラルド

5.イエローサファイア

6.ダイヤモンド

7.ブルーサファイア

8.ヘソナイトガーネット

9.クリソベリルキャッツアイ

 

 

《ナワラタナ9つの星の種類》

 

1.太陽

2.月

3.火星

4.水星

5.木星

6.金星

7.土星

8.ラーフ(太陽と月の昇交点:日食や月食がおこるポイント)

9.ケートゥ(太陽と月の降交点:日食や月食がおこるポイント)

 

 

 

ナワラタナに使用される宝石は高価なものなので、9つの宝石には代替石というものが指定されています。

様々な代替石がありますが、ここでは何個かをご紹介します。

 

《ナワラタナ9つの宝石の代替石》

 

1.ルビー ←【サンストーン、赤いガーネット】

2.パール ←【ムーンストーン】

3.コーラル(インド)、ピンクサファイア、オレンジサファイア(スリランカ) 【カーネリアン】

4.エメラルド 【アベンチュリン、ペリドット、緑のジルコン、緑のジェード

5.イエローサファイア ←【シトリン】

6.ダイヤモンド ←【透明なジルコン、水晶、ホワイトサファイア、ホワイトトパーズ

7.ブルーサファイア ←【ラピスラズリ、ブルートパーズ】

8.ヘソナイトガーネット ←【茶色のジルコン、サードオニキス】

9.クリソベリルキャッツアイ ←【ターコイズ】

 

 

スリランカを訪れると代替石9個セットのお土産がよく売っていますので、どのような宝石がセットされているのかを見ることができます。

また、以前qvcでナワラタナが紹介されたこともあり、その際に興味を持った方も多いのかもしれません。

 

ナワラタナの9つ宝石をお守りとして身につける場合は正しい配置が決められています。

9つの宝石は1つ、1つの宝石が別々に作用するのではなく、9つの宝石全体で1つの作用があるとされていますのでご注意ください。

 

 

 

Nityaではナワラタナのジュエリーを販売しています。

ご興味のある方は、ぜひこちらの>>ナワラタナ ジュエリーもご覧ください。